コーヒーの歴史(世界では?)

赤い実のなる野生の木、このコーヒーを人々はどのようにして、飲むようになっていったのでしょうか?

実は、生い立ちを伝える伝説はたくさん有るのですが、中でも、有名なのが次の2つです。

★カルディの話(エチオピアの伝説)

やぎ飼いのカルディはある日、山羊たちが楽しそうに飛び跳ねているのに気がつきました。近くを探してみると、赤い実がなっていました。

カルディは試しに食べてみると、甘酸っぱくておいしいだけじゃなく、頭もすっきり爽快になりました。

そこで、カルディは、毎日コーヒーの実を食べるようになりました。

そんな中、通りかかった僧侶があまりにも元気良く働くカルディを見て、コーヒーの実のすばらしい力にびっくり!

さっそく僧院に持ち帰って、他の僧院にも勧め、厳しい修行をのりきるのに愛用したそうです。

★シェークオマールの話(アラビアの伝説)
医者であるシェークオマールは、無罪の罪で、オウサブという山奥に追放されてしまいました。

空腹で苦しんでいる時、小鳥たちが楽しそうにさえずりながらおいしそうに、赤い実を食べているのが目に入りました。

そこで、食べてみたら、とてもおいしかったので、たくさん採ってきました。

スープにしてみると、なんともいえない良い香りがし、飲んでみると疲れが取れて、爽快な気分になりました。

罪が許され、町に戻って、このスープで病気で苦しんでいる人を助けたそうです。


また、今からおよそ1千年ほど前、アラビアの都バグダットの王立病院長だったラーゼスという人は、「古来、エチオピアに原生していた灌木、バンの種実(豆)を砕いて煎出した汁液バンカムは、一種の薬として胃に良い」と書き残しています。

バンとはコーヒーの木のことです。当時は薬として使われていたようです。

コーヒーは、初めは実をつぶして脂をまぜ、団子にしていましたが、その後、実と葉を一緒に煮て煮汁を飲むようになり、ついで、実の皮と種子を天日で乾かして使うようになりました。

種子を煎って粉にして使うようになったのは13世紀頃からだそうです。

イスラム教を通じて伝わり始めたコーヒーは、メッカ、カイロ、ダマスカスへと伝わり、14世紀ごろ、世界最古のコーヒー店「カーネス」がコンスタンチノープルに作られました。

さらに、世界中に広まるのですが、人々の中でのコーヒーの高い人気に賛否両論が起こり、ついにメッカの地方長官カイル・ベイが「コーヒー禁止令」を発布しました。

しかし、当時のエジプト国王・サルタンが大のコーヒー好きでありましたので、その「コーヒー禁止令」を知って激しく怒り、すぐさま禁止令を撤回して「コーヒーを飲むのはコーランの教えや宗教上の罪悪にはならない」と宣告されたそうです。

以後コーヒー弾圧は何度か繰り返されます。それだけコーヒーの人気が高かったということだと思います。

こうして16世紀中ごろにはトルコへ伝わったとの事です。

ヨーロッパの方へは、15世紀初頭です。

ベネチアを皮切りに、ヨーロッパ全土へと浸透していきました。

ローマでは、イスラム教徒の飲み物をキリスト教徒が飲むのはどうかと、賛否両論が持ち上がります。

当時の法王は

「悪魔の飲み物といわれるのにこんなにおいしい。これを異教徒に独占させておくのはもったいない」

と、キリスト教徒の飲み物として受け入れました。

イギリスではコーヒーハウスが数多く作られ、紳士の社交場として人気を博しました。

男たちはここで政治を語り文学を論じ、ビジネスを展開。

当時コーヒーハウスには男性だけしか入れず、中には家に帰らずに入り浸る男たちも現れ始めました。そこで、1670年代にはコーヒーハウスの閉鎖を求める主婦たちの動きがあったようです。

フランスにもトルコ・コーヒーが伝わります。

コーヒーはフランス上流階級をも虜にし、喫茶店が数多く作られ、新しい文学や哲学や芸術も生まれました。それから、一般市民にも普及し、多くの喫茶店ができました。

特に15世紀末に誕生した「カフェ・プロコプ」にはルソーやバルザックなどの文化人が次々に集ってにぎわったそうです。

やがて、フランスでドリップ式が、イタリアでエスプレッソが考え出されて、コーヒーを飲むスタイルが次第に、変わっていきます。

これだけ世界的に人気のあったコーヒーですから、その栽培場所も、着実に広がりました。

13世紀にはメッカへの巡礼者たちが大量の生豆を持ち出し、それが各地に植えられ、17世紀にもインド人のババ・ブーダンがイスラム巡礼の際に、メッカからコーヒーの実を盗み出して南インドのマイソールに植えています。

また、18世紀前半にはフランス海軍の将校ド・クリュー自分の飲み水を注いでコーヒーの苗木を守り、フランス領マルチニーク島に運んだという話が残っています。

これがやがて中南米へと広がっていったそうです。