コーヒーの歴史(日本では?)

ところで、コーヒーは、日本にはいつ頃伝わってきたのでしょう。

一説には、足利時代にキリスト教の布教のためにやってきたポルトガル人やスペイン人が伝えたといわれていますが、現在有力な説としては、江戸時代に入ってから長崎出島にオランダの商人が持ち込んだとされています。

西欧諸国ではコーヒーハウスが次々とオープンして、コーヒー文化と呼べる文学や芸術が開花していたころ、日本は江戸時代で、厳しい鎖国政策をとっていました。

当時最先端だった飲み物のコーヒーは、長崎出島のオランダ屋敷に持ち込まれたのでしょうが、外国人に接触できたのは、役人、商人、通訳、遊女などの限られた日本人のみ、あまり広まることはありませんでした。

本格的な広がりは、明治時代半ばを過ぎてからです。

伝来当初はコーヒーに対して拒否反応を示した日本人でしたが、開国して明治時代に入ると、西洋文化の象徴であるコーヒーを積極的に受け入れようとする姿勢が見えてきます。

そして長崎、神戸、横浜、函館などに次々に外国人居留地が作られて、日本人が洋食やコーヒーを口にする機会はどんどん増えていきました。

それでも最初は、ほんの一握りの上流階級の人々の口にする飲み物として、一般の人はとても飲めるようではなかったようです。

日本で最初の本格的コーヒー店は、日本人の鄭永慶が東京上野の西黒門町に開いた「可否茶館」という店でした。しかし、あまり繁盛はせず、数年後、閉店したそうです。

喫茶店がいくつも開店し、ハイカラ好きの人々や文化人、芸術化がそこに集い、コーヒー文化と呼べるものが日本に根付き始めたのは、明治に終わりに近くです。

日本でのコーヒー文化の先駆けは、「パンの会」(コーヒー愛好家の会)です。森鴎外が指導して1909年(明治42年)に創刊された文芸雑誌『スバル』のメンバーである北原白秋、石川啄木、高村光太郎、佐藤春夫、永井荷風などが日本橋小網町の「メイゾン鴻の巣」を利用して毎月会合をもっていたのです。

その店は本格的なフランス料理と洋酒を飲ませ、コーヒーも本格的なフランス式の深煎りコーヒーを出していました。メイゾン鴻の巣はさながら文士の社交場だったのです。

しかし、いずれもまだまだ一般の人には敷居の高い店ばかりでした。

そんなところに出来た、『カフェ パウリスタ』は、最初こそ文士や文学青年たちの社交場でしたが、一般の人達が気軽に立ち寄れる値段と雰囲気で、あっという間に大繁盛して、大正時代の最盛期には全国に20余りの支店を数えるほどになりました。では、なぜそれほどパウリスタは一般の人々に人気を呼んだのでしょうか。

それは、他の本格的な喫茶店の三分の一の値段で本格的な香り高いブラジルコーヒーを味わうことが出来たからです。全国に散らばったパウリスタの店で始めてコーヒーの味を知った日本人の数は数え切れません。パウリスタはコーヒーの大衆化に拍車をかけた店として大きな足跡を残しました。

そして大正時代には確実にコーヒー愛好家が増え、昭和に入ってますます需要を伸ばしますが、第二次世界大戦でコーヒーは『敵国飲料』として輸入停止になります。日本人の生活から一時期コーヒーは姿を消してしまいます。

戦後、昭和25年から輸入が始まり、珈琲は「平和の使者」とばかりに、人々を感激させました。

現在の日本では喫茶店や家庭で様々な形でコーヒーが飲まれています。