コーヒーの効果!

★刺激作用珈琲には、カフェインが多く含まれています。カフェインには刺激作用があり、頭や体に働きかけ 緊張をもたらします。珈琲を飲むと、体がシャキッとなり、目が覚めたような気分になるのは このためです。しかも、この刺激は、時間がたつとその効力を失うので、あとに悪影響を残すことはありません。

他には・・・?


          ★疲労回復作用
カフェインには、血管の拡張収縮を促して、血液の流れをスムーズにし、筋肉の働きをよくし 心臓の働きを強化する作用があります。 また、腎臓に働きかけ、利尿を促して、体内での代謝をよくします。 そのため、体全体の働きを良くし、疲労回復させるためにも、珈琲は役立つといえます。 さらに、カフェインは、肝臓の働きを良くします。そのため、二日酔いの防止に良いでしょう。 飲酒後に珈琲を飲むと、肝臓でのアルコール分解処理がより円滑になり、分解後の老廃物も 利尿作用によりすばやく体外へ排出されます。

★血圧が高い人でも大丈夫!

カフェインの作用で血行が良くなると、体が温まり、血圧が上昇します。 このことから、珈琲は、低血圧の人に向く飲み物だといわれています。 それでは、珈琲は高血圧の人には良くないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。

逆に、 高血圧の人の場合、珈琲は毛細血管を末端まで開かせることで、血圧を低下させます。 ですから、高血圧の人でも、安心して珈琲を飲むことができます。



★頭の回転が良くなる!
カフェインは、脳に刺激を与え、集中力を高めます。 珈琲の苦味、酸味、香り、温かさは、人に心のゆとりを与え、イライラを取り去ってくれるのです。 勉強や仕事の合間に飲む一杯の珈琲は、心身のリフレッシュ、さらに、能率アッブに有効な一杯となるでしょう。

★脂肪の分解を促進
体重が気になる人にとってはうれしいのは、脂肪の燃焼を促進しエネルギー代謝を活性化してダイエットに役立ちます。 珈琲のエネルギー消費作用は、ブラックで飲んだとき、もっとも効果がはっきされるといわれます。

★動脈硬化を防ぐ ?
コーヒーには、善玉コレステロールを増やす効果があります。 また、最近の研究では、珈琲に活性酸素を抑える働きがあるというので注目されています。 活性酸素は老化やガンの原因の一つとされているものです。

★珈琲で胆石予防

胆石になる人が、珈琲を飲んでいる人には少なく、1日2、3杯飲む人には、全く飲まない人に比べて胆石になる比率が40%低いそうです。 一方、紅茶やカフェインをへらした珈琲を飲んでいるひとでは、減少は見られなかったそうなので、カフェインに、胆石発生抑制効果があるようです。 ちなみに、紅茶には珈琲の約半分以下しかカフェインが含まれていないそうです。

★コーヒー飲んでスッキリ爽快!

人間の体重は60%が水分で占められ、健康を維持するには、体重の50Kgの人で 1日およそ2リットルの水分の補給が必要。 この補給分を水だけでとるのは大変です。 コーヒーは、この水分補給という点でも重要な役割を持っています。

★コーヒーで二日酔い防止!
コーヒーは、2日酔いの解消にも効果的。 頭痛など二日酔いの症状は、アルコールがアセトアルデヒトという代謝物になって血液の中に残り 刺激して起こるのですが、そのアセトアルでヒトを早く、無害な二酸化炭素と水に分解してしまえばいいのです。 コーヒーに含まれるカフェインは肝臓や腎臓の働きを活発にし、アセトアルデヒトの分解を助け、カフェインのもつ利尿効果を促進します。

★活性酸素除去作用でガン予防!
体内で生産される活性酸素は、細菌やウイルスを攻撃・退治する一方 過剰に生産されると老化を早め、ガンなどの病気の原因になると言われています。 コーヒーにはこの活性酸素を除去する作用があるといわれています。 またコーヒーと血中コレステロール値の関係では 一般的なコーヒーの飲み方では血中コレステロールに影響は無いと考えられている一方 1988年「日本動脈硬化学会」で「コーヒーは動脈硬化を予防する善玉コレステロールを増加させる作用がある」 と報告されました。

★鎮痛作用
痛みを和らげる作用もあるそうです! 

★コーヒーでボケ防止! 脳神経細胞を活性化させアルツハイマー病に代表される、脳疾患を予防します。

★ コーヒーでピロリ菌が除菌?コーヒーには抗菌作用があります。 胃の粘膜に感染して胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍を誘発する悪性菌といえばピロリ菌。

また、食中毒を引き起こす、病原性大腸菌(O−157など) コーヒーには、この様な細菌の増殖を防ぐ働きがあります。

★コーヒーでがん予防!
新鮮なコーヒーに含まれる、クロロゲン酸、カフェ酸はがん細胞の発生を抑制する作用が非常に大きいそうです。臨床例として日本人に一番多い胃がんを始め肝臓がん、食道がん、肝臓がん、直腸がんなどに効果があったと報告されています。