クロロゲン酸って?

コーヒーに含まれる成分で、血中遊離脂肪酸濃度を上げる働きがあり、

体中貯蔵脂肪が分解・放出され、筋肉に送り込まれ、カフェインとのダブル成分で、脂肪を燃やしたり、褐色脂肪細胞を刺激、活性化することによって、痩身効果をあげるそうです

●カフェインが、白色脂肪細胞と、褐色脂肪細胞の両方を刺激。

●クロロゲン酸が、脂肪を燃やす、褐色脂肪細胞に直接入り、活性化。